導入事例

Introduction example

高圧のみならず、低圧法人向けプランもお任せ。
地域密着の代理店としても、お客様に寄り添ったご提案を。

2017年に、東京電力から「MKエネルギー化有限責任事業組合(LLP)」へ切り替えました。
グループ全体で8%、年間40万円位の削減が実現できる予定です。

小規模な工場や事務所、商店などを経営している事業主・自営業の皆様も、
お得な低圧法人向け電気・電灯料金プランを選択できます。
従量電灯の使用量が多いガソリンスタンドを展開されている
「千歳商会」様も低圧電力(200V)をご使用。
2016年4月の電力自由化に伴い、当組合とのお取引がスタートし
電力会社の切り替えに加え、代理店として販売代行の契約も結んでいただいております。

大野様:
電力の切り替えに関しては、様々な事業者からアプローチがありました。「MKエネルギー有限責任事業組合(LLP)」を選んだのは、電気料金の割引率が高かったからです。他社さんのように自社の商品やサービスを売りたいためにセット割を提案されるのではなく、シンプルに電気料金の単価が下がるご提案をいただきました。
またデマンド警報器や電子ブレーカーなどハードの購入や設置の必要がなく、申込や手続きが書類のみという点もポイントでした。
正直申しまして、「MKエネルギー有限責任事業組合(LLP)」という組合名は存じ上げなかったのですが、売っているものは旧一般電気事業者さんや大手事業者さんなどと同じ電気。ですからネームバリューの有無に関して全く不安はありません。逆に電気に精通されている技術者さんの組合と伺い、電気の取り扱いや供給など、切り替え後への安心感がありました。個人契約も可能なので、実は弊社社員の吉井も自宅の電力を切り替えました。

吉井様:
新電力の切り替えの時期、新電力会社の案内ちらしが多数、自宅のポストに入っていましたが、各事業者がさまざまなサービスをうたっていて、どこがお得になるのか、自分で決めるのは難しく思いました。そこで会社が新電力の切り替えしたことをきっかけに、自分も同じ会社にしようと。
今では電気料金の明細に、いくら削減できたか明記されているので、毎月請求書が届くのが楽しみですね(笑)。切り替えもスムーズ、使い方は今までと変わりませんし、工事も必要なかったので大変ありがたいです。

代理店ビジネスも着々と成果をあげて

自社の電力削減とともに、「MKエネルギー有限責任事業組合(LLP)」の営業代理店としての契約も結びました。一般的にサービスステーションは低圧契約で、高圧電力の切り替えはよく聞きますが、低圧電力の削減をうたっている事業者は多くありません。
「MKエネルギー有限責任事業組合(LLP)」では、小規模な工場や事務所、商店など、ニッチな低圧スポットも電気料金の削減提案ができることが、セールスポイントになりますね。
新電力会社への切り替えは全国の10%ほどしか進んでいないそうです。まだ切り替えをされていないお客様にコストが下がるご提案をさせていただきますと、やはり皆さん、大手さんの新電力と比較されます。どう違うのか、どれだけお得なのか?  「MKエネルギー有限責任事業組合(LLP)」の代理店としては、個人も法人も高電圧も低電圧も、圧倒的に割引率が高いことを主軸にアプローチしています。
弊社は関東圏から少し離れていますが、西新橋SS(東京都港区西新橋)、湘南平塚SS(神奈川県平塚市)、蕨SS(埼玉県蕨市)、豊四季SS(千葉県柏市)に、サービスステーションという拠点があるのも強みです。SS内のサロン空間でお客様にじっくりご説明し、万全の体制でいつでもアフターフォローさせていただきます。
現在、代理店になってから3ケ月で20~30件は切り替え契約を結んでいただいています。なかでもサービスステーション湘南平塚では大きな法人契約が取れまして、かなりのコストダウンが出来たと、お客様から喜んでいただいています。

電気は次世代サービスステーションの主力商品の一つに

昨今の、若い世代の車離れ、EVの普及などもあり、ガソリン販売は非常に厳しい状況です。
弊社も今までは石油製品をメインに取り扱ってまいりましたが、今後は電気の販売にも注力していきたいと考えています。石油と電気は水と油のように合わないように思えるものの、競合店が周りに点在するなか、両方を扱うことで、実は地域のお客様を囲い込む、新たなイノベーションの可能性がある異業種のビジネスだと考えています。石油製品だけ、電気だけではなく、合算してバランスを考えながら、両方のサービスを行う。弊社がお取引きさせていただいている企業様は電気と石油の両方使用されている工場を所有されているところが多いので、微力ながらコスト削減に役立てればと思います。
創業以来、弊社サービスステーションでは、ガソリンの販売のみならず、点検や車修理・オイル交換から、持込みパーツ取付・板金・塗装のための整備・修理工場のご紹介まで、総合的に役立てるスポットを目指してきました。電気の販売に関しましても、地域密着で、法人も個人も、お客様側に立ったビジネスを展開し、業績ものばしていければと思います。
ビジネスとして発展させるためにも、まずは自社が大幅な電気料金削減を実現し、そのメリットを実感、納得したうえで、販売能力を得る必要があります。そうしてベストな電力使用法をご紹介し、成約へとつなげ、ポテンシャルを持久する。
今まで石油を売っていた会社が、目に見えない電気を供給するビジネスを始めましたので、「MKエネルギー有限責任事業組合(LLP)」さんとタッグを組んで、協力してやっていきたいですね。
単なる電気供給会社ということだけでなく、エネルギーコンサルティングを含めてのお付き合いができればと思います。